不眠症とは、夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。不眠症には、下のいくつかのタイプに分けられます。それぞれ紹介しますので、是非ご参考ください。

1.入眠障害

夜になってベッドに入っても、目が冴えて眠れない、寝つきがわるい。こういった症状が一定期間続くことを入眠障害であると言われます。しかし、その状態で本人が特に困っていない、というのであれば、それは入眠障害ではないそうです。「いつもなら眠っている時間なのに、眠気が訪れない。そのせいで生活に支障が出て困っている」という状況が、入眠障害だと言われています。

2.中途覚醒

「中途覚醒」は、夜中に何度も目が覚める症状です。このような症状が週に3日以上ある方は、中途覚醒の可能性があります。また、この中途覚醒は「うつ病」の症状の1つでもあります。さらに、睡眠中に手足が動く「周期性四肢運動障害」も中途覚醒の病気の1つです。

3.早朝覚醒

目覚まし時計が鳴るよりも早い朝に目が覚めて、そのまま眠れなくなる状態は早朝覚醒と言われます。高齢者に多いと言われていますが、これは睡眠のパターンが加齢によって変化したためと言われており、生理的な現象であると言われています。うつ病に悩む人も、早朝覚醒の症状が現れるそうです。

4.熟眠障害

「熟眠障害」は、しっかり睡眠をとっているはずなのに日中強い眠気に襲われます。「ナルコレプシー」や、睡眠の途中に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」などは、熟眠障害に分類されます。

夜になっても、なかなか眠れない経験はありますか?それは不眠症です。不眠症の改善は、間違った睡眠習慣を改めることや、眠りに対するこだわりや不安を解消することも大切です。また、体の病気や心の病気が不眠症の原因になっているとしたら、まずはその治療が必要です。不眠症の治療は、お薬による治療ばかりではありません。薬を使わない不眠症の治療方法もあります。下に紹介しますので、是非ご参考ください。

1.高照度光療法

これは2500ルクス以上の高照度光で一定時間照射し、睡眠時間帯を望ましい時間帯に矯正する治療法です。高照度光は生体リズムの周期をずらす作用があるので、睡眠の時間帯がずれている不眠症患者さんの治療などに用いられます。専門の医療機関などで実施されています。

2.睡眠制限法

睡眠制限法とは、睡眠時間を制限することで、「ベッドは眠るところなんだ」という意識づけを行う方法です。不眠症の方は、眠れないために「少しでも長く横になっていよう」と考え、長時間寝床にいる傾向があります。しかしこれはかえって生活リズムを崩し、不眠症を悪化させる原因になります。また、寝床にいる時間が必要以上に長いと、「寝床は眠れない場所」という認識も強くなってしまいます。そのため、あえて寝床にいる時間を制限することで、生活リズムをただし、「寝床は眠るところ」という意識づけを行うのです。

3.認知行動療法

認知行動療法(CBT:Cognitive Behavioral Therapy)というのは、精神療法の一種として、物事のとらえ方を修正していくことにより精神状態の改善をはかる治療法のことです。主にうつ病や不安障害の治療に用いられていますが、実は不眠症にも認知行動療法は有効です。CBT-I(Cognitive Behavioral Therapy for Insomnia)は、不眠(Insomnia)に対する認知行動療法です。様々な手法で、あなたの不眠がどうして起こっているのかを探索し、解決していくことによって不眠症の治療を行います。

生活が不規則になりやすい現代では、より不眠症に悩む人が増えていると言われています。成人の3人に1人は時々不眠になり、10%~15%の人は慢性的な不眠に悩んでいます。不眠の場合はまず、仕事や家庭生活でのストレスや心配事、「今夜も眠れないのではないか」「8時間眠らなくては」と、眠れないことや眠ること自体がプレッシャーとなってしまうことなど心理的なものがあげられます。

次に考えられるのが、24時間制社会からくるものです。夜昼交代制のシフト勤務や時差勤務、夜遅くまで起きていることで、生活のリズムが乱れます。人間の体には、日が昇って明るくなると目覚め、暗くなると眠るという体内時計が備わっていますが、生活リズムが乱れると体がそのリズムに順応できなくなり、体内時計に狂いが生じて不眠になってしまうのです。

また、寝室の騒音や照明、温度や湿度、寝具などの環境的なことが原因で安眠できないこともあります。そのほかの原因として、コーヒーなどカフェイン入りの飲み物やアルコール、タバコなどの摂りすぎ、寝る前に長時間テレビゲームなどをして脳が興奮してしまうこと、気管支喘息、皮膚のかゆみなどの病気で睡眠を妨げられること、うつ病や神経症などの精神疾患によるもの、などがあげられます。特に早朝覚醒の場合、年をとるにつれて眠りが浅くなることや、うつ病などの精神疾患が関係する場合もあります。

それから、運動不足も不眠症の原因となります。休日に家でゆったりくつろいだつもりなのに、月曜日の朝が辛いなんてこと、身に覚えがありませんか。これは、肉体的疲労がないために睡眠の質が落ちているからです。

次に、不眠症を改善する方法についていくつか紹介致します。

1.毎朝同じ時間に起きる

自律神経を調節するために、毎朝同じ時間に起きて身体のリズムを調えて、太陽の光を浴びるようにします。これを習慣づけて、一日の周期を作っていきます。

2.軽い運動を出来るだけ毎日行う

激しい運動は逆に交感神経を高めますので、ストレッチやウォーキングなど、軽い運動をして軽い疲れを伴わせることでリラックス効果を高めます。

3.夜になったら出来るだけ身体を温める

暖かくなれば必然的に眠気を伴いやすくなります。これには半身浴などが効果的です。

4.寝る前には柔らかい光にする

寝る前にはパソコンやテレビをみる時間を抑え、明るい電気を使わずに、間接照明などで光を抑えるようにすることで気分を鎮め、副交感神経をアップさせます。

5.就寝3時間前になったら飲食をしない

これはよく言われることですが、食べると胃腸の働きが活性化されるので、必然的に身体の機能が動きがちになり、副交感神経にはマイナス要素となります。

不眠症というのは、夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加しています。

不眠症の症状としては、入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒があります、下にそれぞれ紹介します。

1.入眠困難

多くの方が言われる「眠れない」という状態は、入眠困難といいます。眠りに入ることができない状態です。朝方まで眠れないということも良く言われています。

2.中途覚醒

眠りに入ることはできるが、睡眠の途中で目が覚めてしまうことを中途覚醒といいます。途中で起きてしまう方でも、またすぐに眠れる方は問題ありません。しかし、一度起きてしまったらなかなか眠れない、または時間がたてば眠れるが、また起きてしまうという方は中途覚醒の状態です。

3.早朝覚醒

用事もないのに朝早く起きてしまうことを早朝覚醒といいます。7時に起きれば十分なのに、4時とか5時に目が覚めてしまう状態です。早朝覚醒で目覚めた時に眠い方は自分が不眠症といわれても納得いくでしょうが、目覚めた時から元気に感じる方もいます。一見健康そうに見えますが、「動く神経」が強すぎるための現象で、これもティピカルな不眠症といえます。

不眠症になる原因としては、24時間社会といわれる近年の生活環境下では、昼夜のメリハリのない不規則な生活や夜型生活を送る人が多く、「体内時計の乱れ」が誘因となって不眠症を発症する人が増えていると考えられます。この「体内時計の乱れ」を放っておくと、不眠に対する「不安やストレス」の増加、「間違った睡眠習慣」で眠ろうとするなどして、不眠が悪化し、日中の活動性が低下するといった悪循環に入ります。こういった背景から、最近の不眠症の原因は、「体内時計の乱れ」を主因として、「不安やストレス」、「間違った睡眠習慣」が覆っているイメージととらえることができます。

睡眠不足の悪影響
1.胃や腸の調子が悪くなります。
2.顔がむくみ、血色が悪くなり、皮膚の状態は目に見えて悪くなります。
3.肥満を招きがちであります。
4.躁状態や不安定になり、人間関係が悪くなります。
5.記憶力、集中力などに悪影響があります。
6.仕事のミスが増え、肉体労働などをしている人では深刻な負傷を負ったり死亡事故に遭う確率(労働災害発生率)が増してしまう可能性があります。

不眠症
不眠症とは必要に応じて入眠や眠り続けることができない睡眠障害であります。つまり、上述に言った目覚める状態が維持していないです。日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。そして、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

>>睡眠薬通販|不眠症治療薬購入

不眠症のタイプ
1.入眠困難
床についてもなかなか(30分~1時間以上)眠りにつけない。
2.中途覚醒
いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間、夜中に何度も目が覚めるということです。
3.早朝覚醒
希望する時刻、あるいは通常の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない。
4.熟睡不全
眠りが浅く、睡眠時間のわりに熟睡した感じが得られない。

不眠症の継続期間
不眠症の継続期間は大体三つタイプがあります。これは数日間の「一過性不眠」、1ヶ月以内の「短期不眠」また1ヶ月以上に渡る「長期不眠」であります。

不眠症になる原因
1.生活習慣
徹夜や夜勤などによって睡眠不足、ファストフードを食べすぎで栄養バランを取れないまた運動不足などのことは不眠の原因になりえます。

2.環境
湿度、時差、光また時差がある場所、枕が変わるということは不眠の原因になりえます。

3.ストレス
よく緊張、日常的なストレスを感じやすいということは不眠の原因になりえます。

4.覚醒物を取る
寝る前には「カフェイン」の入った飲み物(コーヒー、お茶など)を飲むということで、不眠になる可能性があります。

5.ある病気
かゆみや痛みなど体が不快感を感じる病気がある場合は不眠になりやすいであります。

不眠症があった人にとって生活習慣を改善すること以外は「睡眠薬」をふ服用して睡眠をコントロールすることが多くになります。今から睡眠薬について正しい知識をご紹介します。

睡眠薬
睡眠薬は、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物であり、また1880年代に開発されたパルピツール酸塩系に始まります。最初のパルビツール酸塩系睡眠薬は耐性依存性を形成しやすく、呼吸中枢を強く抑制し死亡へ至ることがあるので「睡眠薬は恐ろしい薬」としう印象がありました。

現在による睡眠薬のはすべて1950年後開発されたベンゾジアゼピン(BZ)系睡眠薬と1980年後開発された非BZ系の睡眠薬であります。

睡眠薬ゾピクロバン

ゾピクロバンはロイドラボラトリーズ社が製造する睡眠障害改善の薬でアモバンのジェネリック医薬品です。
主成分であるゾピクロンは脳内のGABA(γ-アミノ酪酸)の働きを促進させることで興奮状態を抑え、緊張や不安を緩和させ眠りへと導きます。
また従来の睡眠薬とは異なり、短期型であり翌日まで効き目が残るような持ち越し効果の少ない薬で自然な睡眠をもたらします。
不眠症以外にも医療現場では麻酔前の投薬としても使用されています。

睡眠薬の種類

睡眠薬の種類は薬の作用時間によって超短時間型、短時間型、中時間型そして長時間型に分けられます。
1.超短時間型(半減期が2~4時間程度)
2.短時間型(半減期が6~12時間程度)
3.中時間型(半減期が12~24時間程度)
4.長時間型(半減期が24時間以上)

超短時間型睡眠薬・マイスリー
マイスリーは2000年に発売された非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬です。
マイスリーの特徴
マイスリーは効果の強さと副作用の少なさのバランスが良く、また即効性にも優れるため、使い勝手の良い睡眠薬です。そして、日本国内で一番処方されている睡眠薬なのではないかと思われます。

マイスリーの成分・作用原理
現在の睡眠薬は「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」の2種類であります。マイスリーは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬であります。

成分はゾルピデムです。
ゾルピデム(Zolpidem)は、イミダゾピリジン系に分類される非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤に用いられる化合物である。脳のGABAA受容体のω1サブタイプに作用することで効果を示す。
これによってGABAは抑制系神経という脳のはたらきを抑制させる神経に関与しているため、GABAのはたらきが大きくなって、脳がより強く抑制され、眠くなってきます。これにより人は眠くなります。

マイスリーの作用時間
5.マイスリーは超短時間型(半減期が2~4時間程度)睡眠薬で、服薬してから約1時間未満で血中濃度が最高値になり、約2時間で半減期を迎え効果が切れます。

半減期というのは、その薬の血中濃度が半分になるまでに要する時間の事で、「おおよその薬の作用時間」をあらわしています。この中でマイスリーは「超短時間型」睡眠薬に分類されます。

マイスリーの副作用
1.依存性
マイスリー睡眠薬を服用するとまず現れる副作用は依存性です。飲んでいるうちにやめられなくなってしまい、薬に依存してしまうようになります。

2.体の症状
発疹、痒み、吐き気、頭痛、便秘など症状が出てくれます。

3.精神障害
不安感を覚えたり、興奮したりする場合があります。

マイスリーを服用できない方
「統合失調症」や「双極性障害」などのペニス増大効果精神疾患がある方は服用すると危険です。

現在勃起不全の患者は、世代別では20代、30代、40代、50代が全体の約7割を占めます。さらに、40代、50代で全体の約5割を占めています。

正規品シアリスはバイアグラと比較すると食事、アルコールの影響を受けづらい薬で、食物前後でも服用ができます。

レビトラは今から10年ほど前の2003年に、ドイツの『バイエル社』によって開発されたED治療薬で、主に男性勃起障害(勃起不全、中折れ、勃起力減退)に改善効果があります。近年、レビトラの愛用者は14万人えを突破したと言われています。