なかなか眠れない、以前は朝までぐっすり眠れたのに今は夜中に何度も目を覚ましてしまう・・・。今までの自分ではない状態になったとき、人は不安を感じるものです。ここで不眠症について詳しくご紹介します。

不眠症は睡眠覚醒障害の1つのタイプで、睡眠が不足するものです。

1.不眠症のタイプ

入眠困難

床についてもなかなか(30分~1時間以上)眠りにつけない。

中途覚醒

いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間、夜中に何度も目が覚める。

早朝覚醒

希望する時刻、あるいは通常の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない。

熟眠障害

眠りが浅く、睡眠時間のわりに熟睡した感じが得られない。

なお、これらの症状は同時に複数現れることがあります。

これらの不眠症状が続いて現われ、本人や家族の人々に対して、著しい苦痛を与えたり、社会生活や仕事のうえで著しい機能障害をもたらしたりする場合に、不眠症と診断されます。

2.不眠症を引き起こす主な原因

環境要因

時差がある場所、枕が変わる、また暑さや騒音、明るさなどの影響など

身体要因

年齢、性差、頻尿、痛み、かゆみなど

心の要因

悩みやイライラ、極度の緊張からの精神的ストレス、睡眠に対するこだわりなど

生活習慣要因

アルコール、ニコチン、カフェインの摂取、薬の副作用、運動不足など

3.不眠症の治療法

原因がはっきりわかっている場合には、その原因の除去が重要です。不眠症の治療が必要になります。たとえば、睡眠薬を用いた薬物療法、自分で体調をコントロールする自律訓練法、バイオフィードバック法(精神療法のいろいろの「行動療法」)などにより、リラックスを促進させます。

睡眠薬はこわいと思っている人がいますが、最近は副作用が少なく、快適な睡眠のとれるベンゾジアゼピン系睡眠薬などが数多くあります。専門医と相談し、その指導のもとで適切な薬物を適量服用することをお勧めします。

4.日常生活の注意

昼間に適度な運動や日光浴を行なう、昼寝を避ける、飲酒は適量以下とし、飲みすぎないようにする、夜はコーヒーやお茶などを控え、リラックスを心がける、寝室の明るさ・温度・湿度を適性にし、必要に応じて遮光(しゃこう)カーテンなどを使用する、からだにあった枕(まくら)や寝具を選ぶ、眠れなくても就寝、起床時間をある程度固定し、規則的な生活を送るように心がけるといった点に注意しましょう。