不眠症とは、夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。不眠症には、下のいくつかのタイプに分けられます。それぞれ紹介しますので、是非ご参考ください。

1.入眠障害

夜になってベッドに入っても、目が冴えて眠れない、寝つきがわるい。こういった症状が一定期間続くことを入眠障害であると言われます。しかし、その状態で本人が特に困っていない、というのであれば、それは入眠障害ではないそうです。「いつもなら眠っている時間なのに、眠気が訪れない。そのせいで生活に支障が出て困っている」という状況が、入眠障害だと言われています。

2.中途覚醒

「中途覚醒」は、夜中に何度も目が覚める症状です。このような症状が週に3日以上ある方は、中途覚醒の可能性があります。また、この中途覚醒は「うつ病」の症状の1つでもあります。さらに、睡眠中に手足が動く「周期性四肢運動障害」も中途覚醒の病気の1つです。

3.早朝覚醒

目覚まし時計が鳴るよりも早い朝に目が覚めて、そのまま眠れなくなる状態は早朝覚醒と言われます。高齢者に多いと言われていますが、これは睡眠のパターンが加齢によって変化したためと言われており、生理的な現象であると言われています。うつ病に悩む人も、早朝覚醒の症状が現れるそうです。

4.熟眠障害

「熟眠障害」は、しっかり睡眠をとっているはずなのに日中強い眠気に襲われます。「ナルコレプシー」や、睡眠の途中に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」などは、熟眠障害に分類されます。